40代の美白肌になる美白美容液|おすすめ人気ランキング比較

40代女性の肌質の特徴と肌の変化とは?

紫外線によるダメージやホルモンバランスの乱れ、加齢による乾燥など40代の人の肌はくすみやシミ、しわなどの原因が重なりやすく、ダメージが肌に出やすい年代でもあります。

 

肌状態が揺らぎやすくホルモンバランスの乱れを受けやすい肌質になったり、若い頃のお手入れが肌の変化に影響してくることが多いのもこの年代の特徴です。

 

肌のターンオーバーサイクルが乱れやすいことも特徴のひとつで、乾燥して肌の細胞が水分不足になり、肌の生まれ変わりが遅くなりやすいので、肌の乾燥やごわつき、シミなどが気になるようになってきます。

 

定期的に古い角質を落としたり、水分と油分のバランスが取れたスキンケアをすることが40代のスキンケアのポイントになります。

 

40代の効果的な美白美容液の選び方

顔のくすみが気になってファンデーションを厚く塗って隠してしまう、クマが気になってコンシーラーが手放せない等の悩みを抱えている40代は意外と多いのではないでしょうか。

 

この年代はホルモンバランスが変化する時期であり、ターンオーバーの乱れや血行不良等の原因により顔色が冴えなくなる場合があります。

 

 

しかも40代になると加齢による変化が徐々に目立ってくるので、老化を緩やかにするためにも肌が欲しがっている成分が入っている美白美容液を使ってみましょう。

 

効果的な美白美容液の選び方は、肌質に合ったタイプを選ぶことです。

 

くすみは紫外線の影響が大きいのですが、肌が乾燥して角質が厚くなってくすんでくることもあれば酸化した皮脂が原因となって肌のトーンが暗くなっていることもあるため、肌が抱えている問題を解決しながら美白効果を高めていきましょう。

40代の美白美容液に欠かせない成分とは?

トーンダウンした肌を明るく見せたい40代には、効果が認められている有効成分を配合した美白美容液が最適です。

 

口コミでも高い評価を得ているハイドロキノンはとても優秀ですが、刺激が強く紫外線に弱い性質があるため使い方に注意が必要です。

 

ですので40代にはハイドロキノンをカプセルで包み込んで刺激を和らげているタイプ、あるいはハイドロキノンと同じような働きを持ちながら使用感がマイルドなアルブチンを配合している美白美容液が向いています。

 

これらの美白成分はメラニンの生成を抑えてくれるので、紫外線や摩擦によって透明感がなくなってきた時に効果を発揮します。

 

抗酸化作用のあるビタミンC誘導体は還元作用があることでも知られていて、沈着した色素を薄くする効果が期待できます。

 

ビタミンC誘導体には皮脂の調節する働きもあるので、ベタツキを感じるオイリー肌やインナードライ肌にも使いやすくなっています。

40代の美白効果とともに保湿効果も取りたい方の美容液選びのポイントとは?

ホルモンや外気の影響を受けやすく皮脂と水分のバランスが崩れやすい40代の肌は、保湿ケアも万全にしておかなくてはいけません。

 

乾燥肌に適しているのは、保湿力のある酵母エキスを配合した美白美容液です。

 

酵母エキスには細胞を修復する際に必要なアミノ酸やビタミンが含まれていて、肌に馴染みやすいため敏感肌にも適しています。

 

 

肌の水分が不足していると摩擦のダメージを受けやすくなり、その結果シミやくすみが増えてしまうことがあります。

 

このような肌には潤いを維持する効果が高いセラミドやヒアルロン酸、しっとりした肌に整えてくれる植物エキスを配合している美白美容液を選んでみましょう。

 

乾燥によってかゆみや赤みが出やすい肌には、炎症を鎮めてくれるグリチルリチン酸2Kが入ったタイプが適しています。

40代の美白効果とともにエイジングケア効果も取りたい方の美容液選びのポイントとは?

美白対策と一緒にエイジングケアもしたい方にピッタリなのは、新陳代謝を促してくれるプラセンタや抗酸化成分のアスタキサンチンを配合している美白美容液です。

 

40代のエイジングケアにはハリ感を高めてくれるコラーゲンは欠かせない成分で、コラーゲンの生成を助けてくれるビタミンC誘導体が有効成分になっている美容液を使ってみるのも効果的です。

 

 

ホルモンバランスが気になる方はローズを配合した美白美容液が適していて、薔薇の香りには自律神経に働きかけてホルモン分泌を調整する効果があると言われています。

 

原料にこだわって選ぶなら、オーガニックローズを使用している美容液を使ってみてはいかがでしょうか。

 

植物をふんだんに使っている美容液なら、やさしい使用感を求めている方にも最適です。

40代の美白重視のオールインワン美容液選びのポイントとは?

40代が使いやすい美白のためのオールインワン美容液は、シミやくすみにアプローチできる有効成分と保湿成分や美容成分がたっぷり入っている物です。

 

美白効果を重視するのであれば、化粧品よりも医薬部外品に分類されている商品を使ってみましょう。

 

 

オールインワン美容液は肌に触れる回数が少なくて済むため摩擦による色素沈着を抑える効果がありますが、血行不良で肌がくすんでしまう事もあるので、40代が使うならマッサージにも使えるタイプを選ぶことがポイントになります。

 

パックもできるタイプなら疲れが肌に出ている時や屋外で過ごす時間が長かった時のスペシャルケアにも利用できて、一つのアイテムでその時々の肌状態に応じたスキンケアが実現します。

40代の乾燥肌の方が美白美容液を選ぶポイントとは?

シワやしみ、たるみやくすみなどの年齢肌の悩みが気になる40代の人の多くが、加齢による乾燥肌で悩んでいます。

 

年齢とともに肌にもともと含まれている保湿成分のセラミドやヒアルロン酸が減少し、水分をキープしにくくなるために、細胞が正常に働かなくなり、メラニン色素が排出されにくく蓄積しやすい状態になっています。

 

40代の乾燥肌の人が美白美容液を選ぶ時には、メラニン色素の生成を抑制するアルブチンやメラニン色素を分解して排出することをサポートするビタミンC誘導体などの美白成分が配合されており、保湿効果にも優れている美白美容液を選ぶことがポイントです。

 

うるおいと美白効果の両方にアプローチすることで若々しさをキープすることが期待できます。

40代の敏感肌の方が美白美容液を選ぶポイントとは?

ホルモンバランスの乱れや加齢による乾燥、紫外線などの影響を受けやすい40代の敏感肌の人は、温度差や風、化粧品などの刺激に敏感で肌荒れや赤み、かゆみが出やすく、かさつきやごわつきが気になりやすいことが特徴です。

 

敏感肌の人は、肌が自分自身を外部の刺激から守る働きのバリア機能が低下していることが多いため、美白美容液を選ぶ時には、プラセンタなどの刺激が少なく、保湿効果と美白効果に優れた成分を配合しているタイプを選ぶことがポイントです。

 

保湿をしっかりとすることで、美白美容液の効果も高まるので、セラミドやヒアルロン酸など肌に優しく刺激が少ない成分が入っている化粧水を使用したり、保湿効果が高くお手入れによる刺激を減らすことができるオールインワン化粧品を併用することもおすすめです。

40代のオイリー肌の方が美白美容液を選ぶポイントとは?

年齢肌の悩みが気になる40代の人の多くが肌が乾燥しやすいことに対して、オイリー肌の人は肌を覆う皮脂が比較的多いために乾燥から肌が守られており若々しいうるおいをキープしていることが多いのですが、ニキビ跡や皮脂の過剰分泌と紫外線の影響による色素沈着などが起きている場合も多いので、美白美容液を使うことはとても大切なスキンケアになります。

 

肌の表面をなめらかにしながら、メラニン色素を分解して排出することをサポートするビタミンC誘導体が含まれている美白美容液を選ぶことがポイントです。

 

ビタミンC誘導体は、肌荒れを防ぎ、メラニン色素によるシミやくすみを防ぎながらニキビ跡のケアもできるため40代のオイリー肌の人におすすめです。

40代の混合肌の方が美白美容液を選ぶポイントとは?

肌のきめが細かく、全体的には乾燥が気になるのに、部分的にべたつきやテカリが気になる混合肌の人は、日本人にとても多い肌質で40代になると乾燥しやすい部分が広がってくるため、保湿ケアに重点を置いたスキンケアをすることが大切になります。

 

美白美容液を選ぶときにも、美白成分とともに保湿成分が含まれているタイプを選ぶことがポイントになります。

 

部分的なべたつきが気になり、さっぱりとした感触の化粧品を選びたくなることも多いのですが、40代の混合肌の人は乾燥による皮脂の過剰分泌も起きやすいため、保湿ケアをすることがとても大切です。

 

プラセンタなど美白と保湿の両方をケアすることができる成分が含まれている美白美容液を選ぶことをおすすめします。